旦那に男性不妊を伝えずに妊娠したい

男性不妊の原因の多くは精力減退

男性不妊という診断結果が出た場合、無精子症なら精巣手術、他の男性の精子提供を受ける、などの対策が必要となります
ただ無精子症の割合は1%程度であり、男性不妊の多くは男性機能の減退にあると考えていいでしょう。

ペニスが十分に勃たないならばEDを発症しており、精力剤やED治療薬で改善していけば妊娠できるようになるでしょう。
旦那の勃起不全を解消するには、さりげなく精力剤を勧めてみるのがよいです。
勃起力減退の悩みは妻よりも旦那のほうがより実感しているので、妻から勧めれば飲んでくれることが多いでしょう。

妊娠するコツはセックスの回数を増やすこと

当然ながらセックスの回数が少なければ、妊娠する確率は低くなるでしょう。
例えば、妻だけEDという症状もあるように、旦那が妻に対して積極的になれずにEDを発症させるケースもあります。

この場合はセックスのマンネリが関係していることが多いので、夫婦で話し合って様々なプレイに挑戦していくことも必要でしょう
禁欲日数を増やして、3日程度は射精しないようにしてもらう対策も効果的です。

旦那が隠れてオナニーをしている場合、セックスに対する興味が薄れてしまうのは当然でしょう。
精力剤を飲んでもらうことで、勃起力や射精感を高めていく対策が効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です